1. HOME
  2. ブログ
  3. ゴルフと家庭と仕事の両立。ゴルフばかりで家庭崩壊の危機!にならないように

ゴルフと家庭と仕事の両立。ゴルフばかりで家庭崩壊の危機!にならないように

ゴルフと家庭の両立

「ゴルフばっかりしてないでたまには子供の面倒見てよね!」

ゴルフ好きな旦那さまが必ず一度は言われたことのあるセリフではないでしょうか?いくら接待ゴルフだとしても、奥様には遊びにしか映りませんからね。

そこで、今回はゴルフを楽しみながら家庭や仕事も両立させる方法について考えていきましょう。

ゴルフの魔力に気を付けろ!

ゴルフの魔力

おそらくこのページをご覧の方はすでにゴルフの魔力に取り憑かれている方が多いはずでしょう。youtubeなど動画サイトでゴルフ関連の動画が配信されているにも関わらずこうやってわざわざ文字を追って読んでおられるくらいですから(笑)ありがたい限りです!

ゴルフは「極める」ことが難しいスポーツですし、そこまで激しい運動ではないので年齢によって引退するといった境界線を引きにくい部分もあり、永遠に「もっとうまくなるではないか?」と練習に励んでしまうものです。

ゴルフは難しいことも含めて面白すぎるスポーツなのです。

もちろん、趣味を持つことは素晴らしいことですし、それを励みに仕事に精を出したり、適度な運動をすることで健康も手に入るとメリットはたくさんありまよね。

しかし、気をつけなければならないのは、「やるべきことはしっかりやる」ということです。家族が生活に困っているのに仕事もせずにゴルフばかりしていては全てが台無しですね。

まぁ、そこまで極端な人はいないでしょうけど、子供の面倒を見ない、家事をしない、ゴルフの経費のせいで生活費が足りない・・・程度のゴルファーは少なくはないはずです。

また、ゴルフのことが頭から離れず、集中できずにいい加減な仕事をしてしまったり、経営者なら売り上げを大幅に落としてしまったり、後になって大きく後悔するようなことになっている人もいるはずです。

そこで、そうならないための方法をご紹介していきます。

ゴルフはお金がかかるスポーツであることは間違いない!

ゴルフとお金

まず、「ゴルフとお金」について考えてみましょう。

ゴルフは少なからずお金がかかるスポーツです。「クラブなどの道具」「ゴルフウェア」「練習代」「プレー費」「交通費」、競技などをされる方ならエントリーフィなどもかかってきます。

ゴルフクラブに関しては一度買ってしまえば、普通はしばらく使えるものですから仕方ないとして、問題は「練習代」と「プレー費」と「交通費」です。

プレー費と交通費だけでも結構お金がかかる!

まずプレー費ですが、プレー費はバブルの時代に比べればかなりお安くなっていますが、安くても5,6千円はかかります。また、交通費もばかになりません。

私は埼玉在住なのですが、安いゴルフ場が多い栃木県か群馬県によくラウンドしにいきます。確かにプレー代は安いのですが、交通費がかさみます。高速代で往復4000円程度、ガソリン代が2500円程度。交通費は合わせて6500円です。

それにプレー費が6000円だとしても、その日のゴルフ代の合計が12500円はかかる計算になります。

安いゴルフ場が近くにある方はプレー代だけで済みますが、都心に住まれている方などが安いゴルフ場に行くには交通費がかさみます。都心に住みさらにゴルフが上手くなりたいのであれば、それなりにお金もたくさん稼がなくてはいけないということですね。

交通費を安くする方法は、割り勘するしかありません。できるだけ、近所のゴルフ仲間を増やし車は一台で行くのが得策です。

練習代を安く済ませる方法

ゴルフ練習場代

練習代を安く済ませる方法は、当たり前ですができるだけ単価の安いゴルフ練習場に行くか時間制の打ち放題がおすすめです。1球単価の練習場で400球も500球も練習するとそれだけで5,6千円もかかる計算ですから、コースに行くのと同じような金額になってしまいます。

私がいつも練習に行っている練習場は平日の昼間なら4時間2000円で打ち放題というリーズナブルさです。探せばご近所にも時間によって打ち放題の料金設定を設けているところがあるはずなのでぜひ探してみてください。

ちなみにプロになるようなレベルの人は毎日ではないとしても、一日に800球ほど打ち込むことがあります。それくらいの練習によって毎回ボールを芯で捉えられるような当て感が身につきます。できるだけたくさんの球数を安い金額で打てる練習場を見つけることが上達への近道です。

また、練習場の距離ですが、ある程度広い方が伸び伸びとしたスイングが身につきますし、球筋を確認することができます。しかし、300ヤードもある練習場で練習することが上達に繋がるというわけでもありません。

広すぎると、一番奥のネットまで届かせてやろうと力一杯スイングしてしまってかえってスイングを悪くしてしまっている人を見かけます。あくまでリズミカルにターゲットに落とすようなスイングを心がけましょう。

100ヤードもあれば練習には十分です。

効率の良い練習をすること

効率の良い練習とは、正しいスイングの基本をまずは理解しておくことと練習ドリルをいくつか知っておくことです。

無闇にただただ打ち続けたところで、悪いスイングを繰り返す事になるので、上達することは難しいでしょう。

基本のスイング理論については、ガチゴルの別ページでご説明してありますので参考までにご覧ください。練習ドリルについてもコンテンツを随時更新していきますので、しっかり確認し目的を持った練習を効率よくこなしてみてください。

仕事と家庭とゴルフを両立させる方法

家庭ゴルフ仕事

さて、ここまでゴルフをやる方には「当たり前」のことを書き連ねてしまいました。ですが、まず冷静になってゴルフに毎月いくらくらいかけているのか計算してみることをおすすめします。

月に2回ラウンド、週に2回練習だとしたら月間いくらかかるでしょう。

プレー費:7000円×2回=14000円
交通費:2000円×2(割り勘した場合)=4000円
練習代:2000×2×4(週)=16000円

合計:34000円

この金額が高いのか、安いのかは人によって感じ方は違うと思いますが、平均的なゴルファーでこれくらい毎月かかっているのではないでしょうか?

私のようにゴルフを職業としている人や、競技に出るために日々鍛錬を積んでいる人はこんな金額では済まないはずです。週に4日練習に行くだけで32000円、ラウンド4回で28000円プラス交通費が8000円で合計68000円です。安く見積もってこの金額です。

お金がかかるスポーツだという認識は持っていた方が良さそうですよね。

さて、これだけお金がかかるスポーツだということをお伝えしたのでゴルフのイメージが少し悪くなってしまったかもしれません。しかし、せっかくの楽しいゴルフがご家族にご迷惑がかかるようでは本末転倒です。こういうことも正直にお伝えするのが私の使命だと思っていますので、あしからずです。

ゴルフがしたければさらに仕事もビジネスも頑張る!

ゴルフビジネス

さて、本題です。何も説教がましいことを言いたいわけではありません。

ゴルフに限らず、趣味に没頭するにはお金と自由な時間が必要です。それにはどうすれば良いか・・・。答えは至って簡単です。より仕事やビジネスを効率よくこなすことです。

当たり前の話かもしれませんが、ゴルフという楽しい趣味に出会ったのをきっかけに今の仕事やビジネスに取組む姿勢や効率などに目を向けてみてはいかがでしょうか。

もし、何も考えずに惰性だけで仕事をしてしまっていたのであれば、より効率よく仕事を早く終わらせる方法はないのか、より売り上げを伸ばす方法はないのかなどを考える良いきっかけです。

私もゴルフや釣りを楽しむために仕事を頑張ってきたようなものです(笑)私が会社員の頃は、よく社長に給料の交渉をしたものです。「社長!今月これだけ売り上げたので、ボーナスください!」といった感じです。図々しいですが、社長も文句は言えない状況を作った私の勝ちです。

また、副業をすることもおすすめです。今ではネットを使えば様々な副業ができてしまいます。ブログを書いて広告収入を得たり、中古品をオークションに出品したり、探せばいくらでもビジネスは転がっています。

そうした副業をきっかけに会社を設立し、いつの間にか優雅に毎日ゴルフ三昧の生活が送れる日が訪れるかもしれません。そうなれば、ゴルフに反対していた奥様も、「いってらっしゃい!気をつけてね!」なんて優しく接してくれるようになるかもですね!

まとめ

ゴルフで生計を立てている私としては、ゴルフにお金をかけてくれる方が多いに越したことはないのですが、ご家族に心配をかけてまでゴルフをして欲しくはないので、このような記事を書かせていただきました。

最高に楽しいゴルフを心から楽しんでいただくために、仕事や家庭への情熱もさらに高めて全てが好転するように頑張っちゃいましょう!という、自分自身にも言い聞かせているような内容でした。

ゴルフも仕事も家庭も、努力は必ず実ります。私も自分に日々そう言い聞かせながら頑張っております。ゴルフ馬鹿は仕事馬鹿であり家庭馬鹿でもありたいものですね。

関連記事